2012-09-11

911

あの日、夜中に目が覚めてテレビをなんとなくつけた。
目の前には映画のような光景。
寝ぼけてたわたしは映画やってると思ってそのまま眠った。
朝になり映画じゃないことを知った。
その事のおおごとさに感情がついていかなかった。

感情も交通も世界も麻痺していた。
アメリカと日本。時差で昼夜逆なのその影響はこちらにも。
当時IT商材を扱う仕事をしていたため朝から海外メーカーの安否や納期の確認に追われた。
国内の交通もstopし国内外のメーカーほとんどが納期遅延だった。


暴力への暴力による報復は暴力しかうみません。




それから4年後、NYへ。
紅葉はじまるマンハッタンの
new york city library が
わたしのNY一歩目だった。

そこで見たもの感じたこと
心動かされたのだけど言葉にできずまだ麻痺は続いていたようだった。



黙祷

0 件のコメント:

コメントを投稿