2012-09-16

午後の曳航

三島由紀夫 
午後の曳航
を久しぶりに読んでみた。
三島作品の中でも現代仮名遣いなので
読みやすい作品の1つ。
個人的には文語好きだけど。
後半の崩れ方がなんとも入り込んでしまう。

曳航と栄光。



追記
『濡れ鼠』わたしのよく使う表現、
この本にあったのね。
すっかり忘れてて自分語録だと思ってたけど三島氏の御言葉だった模様。

0 件のコメント:

コメントを投稿