2012-10-11

豊穣の海

豊穣の海を読み返す。
春の雪から読むかそれとも二部、三部から読むか。
どれから読んでも単品で読んでも楽しめる。

終焉の聡子には驚嘆と涙させられる。


あとひとつきと少しで命日です。
きっとまた会える。

0 件のコメント:

コメントを投稿