2012-12-26

言葉の力

言葉の力は偉大であるが
その言葉を正確に伝えることは至難の業だ。





三十になった詩人 Jean Cocteau

僕、今や、人生の中道に在る。
自分の美屋に馬乗りに跨がってる。
同じ景色が両側に見える、
違うのはただ季節だけ。

この側の赤地は若羚羊の角に似た
葡萄の蔓だ。ぶら下がる洗濯物や、
笑い声や、シグナルが目を迎える。
むこう側には見えている冬と報酬の僕の名誉が。

ヴィナスよ、まだ僕を愛してくれて有難う。
万一君を語らなかったら、
万一僕の家が自分の詩で出来ていなかったら、
僕は足場を失って屋根から墜落するはずだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿