2013-04-11

日本語力

人一倍本が好き。
そう思ってこれまで生きて来た30数年。
密かに日本語力はちょっとだけ秀でていると思っていた。
しかし日本語は難しく、深く、美しい。

これをうまく操るにはまだまだ経験が必要です。
そしてその経験を与えて頂いて光栄で幸せちょっとだけ大変。

中学生の頃、物を書きたいのなら何でもいいから活字を読め!
そうアドバイスされたのを思い出す。小説でも雑誌でも何でもいいから活字を読む。
それからわたしは何冊の本を読んだのだろう。
読みたい気持ちと時間と比例はしていないが読みたい本はまだまだ沢山あり
一度では物足りず何度と読み返した本もある。

わたしに日本語の美しさを気づかせた三島由紀夫氏の作品は何度読んでも
読み飽きず
思春期のわたしに多大な影響を与えた島田雅彦氏の作品は活字を映像に変える力がある。

さてわたしの日本語は。

まだまだ発展途上ではあるが、いつかは、きっと近いうちに。。。。










九州へのILC(国際リニアコライダー)誘致を実現する会






original jewelry and import accessory
granat

2 件のコメント:

  1. 文章素敵ですよぉ
    だから 覗きにきてるんですもの うふふ
    レッスンも受けてみたいなぁ

    本お好きなんですね
    うわぁ もっと お話したかったなぁ

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます!

      本の虫です。純文学と詩が好きです。
      言葉の力は偉大です。
      わたしもゆきさんのクラス受けたいなぁ。

      削除