2015-08-02

ホビット族はいる!

地下都市に行った。
そこはまさにホビットの世界。
一緒に廻った、パキスタン人のお父さんもホビットだ、ホビットはいたと思うと言っていた。
I visited underground city in cappadocia.
It was like Hobbit world.
Pakistan guy also said ,it's Hobbit!!.

その中ではホビットじゃないと軽やかに動けないし
何をするにしても狭くて低くてストレス。
It is very hard to walk, cook and move for us, for Hobbit much easier.
If I lived there, I could feel much stress,because it is narrow and low ceiling.

違う文化があるのと同じように
違う様相の人たちがいても不思議ではない。
It is possible to exist Hobbit, in the world there are different culture, different people,like that.




地底都市は私にはストレスフルだったので写真はほぼない。
I took just one pic,because underground city is stressful for me.

今回はツアーに参加したのだが
一緒だったパキスタン人一家が本当に素敵で
お父さんとは写真のこと、お母さんとは教育のこと、文化のこと、宗教のことを話して、観光だけでなく、とても充実した時間となった。
子供達は11歳と8歳だったかな?
わんぱくで可愛くて、それでいて虫が怖い。
アメリカ育ちのいまどきのkids.

This time I joined the tour with Pakistan family.
They are very nice, the father we talked about photography ,the mother we talked about education,culture and religion.
It was not only tourism but valuable time.
Kids, 11 years old and 8 years old, they are naughtiness,sweet and they feel scare for worms.
Born and rising in US.

多様な文化の中でムスリムにとって重要なことを語り継いでいるそうだ。
The parents told them the important things for Muslim in such a complicated world as US.

また会える日を楽しみに。
Looking forward to seeing again:))

0 件のコメント:

コメントを投稿