2016-05-29

本を読む

最近また瀬戸内寂聴さんの本をいくつか読み返している。
しかも、晴美さん時代のものなので
それこそ何十年前の作品なんだろう。

波乱万丈すぎる彼女の若かりし頃の人生を読み進めると、朧げに思い出すのはやはり源氏物語。

人の核なる部分は時代が変わっても
全く変わらないと改めて実感する。

その核なる部分に皆、翻弄され悩み苦しみ喜びその繰り返しが正に生きるということなのでしょうね。

ロダンの言葉

肝心な点は感動すること、
愛すること、望むこと、身震いすること。生きること。





そういうことなんです。

0 件のコメント:

コメントを投稿