2016-07-12

天人五衰

たしかに六十年前にここへ上がった記憶がありますから


記憶と言うてもな、映る筈もない遠すぎるものを映しもすれば、
それを近いように見せもすれば、幻の眼鏡のようなものやさかいに


クライマックスのこのシーン。
夏に読みたくなります。

三島が最期に書いたこの話
何度読んでも沁み入ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿