2016-09-24

Ashkelonその2

Ashkelonに行って、もちろんガザには行けないのだけど
ガザ出身のお友達、Mohammed に連絡をした。
もしかしたら彼がガザに住んでいた時に見たものが写っているかもしれないと思い
写真を送った。

この2つの塔、彼のガザの自宅からも見えるものだった。
少しでも故郷を思い出せるようにと送信したのだけど、余計な御世話だったのかどうか
それはわからない。

彼は4年前にガザを出てインドで大学に行き、現在ベルギーにいる。
難民申請をし、ビザを取得し語学を学びこれからヨーロッパで生きて行くことになる。
しかし、難民に対する現地の人の対応は冷たく家もなかなか見つからなかった。
仕事もいい仕事は見つからない。でも生きて行くしかない。

ガザを出るともう戻れない、彼は4年間家族と会ってない、これから先も会える可能性は低い。
4年も経つと友達のことも少しずつ記憶の鮮明さが薄れていくという。
ガザの人は基本的な人権もない。。。テルアビブに住む人と話すとガザは監獄以下だという。

たった10キロでこの違いがある、陸続きなのに。

0 件のコメント:

コメントを投稿