2016-07-28

SunAraq vol.1

パレスチナ・ベツレヘムの分離壁をテーマにした
フォトブック完成しました。


2016-07-24

お粥

お粥を食べた日の話

美味しいお粥を食べに行ってきた。
丁寧に研かれたお米は土佐のもの。
それを炊く水は日田のもの。

 

前の日、小さいけど大きな幸せがあって
嬉しくて楽しいひと時は
あっという間だけど
もっともっとって思う足りないことよりも、
その幸せな事象に目を向けると
にんまり出来る。
きっと何時間続いたって足りないのだから。

Full moon day

満月が素晴らしく綺麗だった。




伝えたくなる人に伝えられて良かった。

2016-07-18

山笠

今年は山笠行ってきた。
山笠素人のわたしと山笠玄人の人との
会話は全く噛み合ってなく
迷子になったり、
それでいてばったり遭遇する人もいたり
夜中に中洲を徘徊して
朝方の追い山を寝過ごすことなく
見れました。

こういう感じで2週間が過ぎていくんですね。
来年も楽しみです。


 

2016-07-13

クリエイティビティ

こういう雑誌をたくさん見かける

 



本当にクリエイティブな人は
空想旅行が出来るのです。
旅をしないとクリエイティブになれないなんて
あり得ない。
そんな風に言い聞かせて20年近くやり過ごしてきたけども。。

長旅も一長一短
定住も一長一短

たまに旅してたまに定住して。
わがままライフ。

好評らしいです

地味に好評らしい
パレスチナ旅日記
楽しみにしています、というメッセージもらうと
俄然やる気は出るのだけど
何せ遅筆なもので・・・。

それでももう折り返し地点だと思われます。
早くカオス・テルアビブを書きたい。

◯聖地パレスチナ 一人散歩
◯旅の景色


去年の旅最中に書いたブログを読んでみた。
ざわざわする。

2016-07-12

天人五衰

たしかに六十年前にここへ上がった記憶がありますから


記憶と言うてもな、映る筈もない遠すぎるものを映しもすれば、
それを近いように見せもすれば、幻の眼鏡のようなものやさかいに


クライマックスのこのシーン。
夏に読みたくなります。

三島が最期に書いたこの話
何度読んでも沁み入ります。

2016-07-11

久々の里美さん

1月の沖縄旅行ぶりに里美さんと会う。
これから何しようかーと2人でまったり。
やりたい事があっても何だかやる気が出なかった話、
英語を喋るときに脳のスイッチを切り替えるとか
次はどこに行きたいとか
広島一緒に行ってキョーちゃんに会うとか。
そんな話をしてたらあっという間だった。

深いところにある、とあるモノを取り出して
遠くにある、とあるモノを取り戻した。
取り戻したものは雫のような形でそれはそれは
キラキラと美しかった。

そしてちょっと、ぽっかり。
Sweet sorrow.....
19年・・・長かったね。
19歳なんてまだまだこどもだから。

里美さんとこんなこと思う日が来るんだねーと
話して、あの頃はそれだけは絶対にないよーって
言ってたのに。

時間ともに経験の数だけ研磨される。そして最後はなくなる。


2016-07-08

Shared love

We've shared the love with lovely super friends today.
Practiced yoga had lunch and chatting laughing:)

Happy to spend the time together.



Lots of love,  much love to you!!

七夕の夜に思うこと

七夕なのに雲がかかって星が見えなかったけど
行きたい場所へ行ける自由があって・・・そんなことを思った。

どこに住むのかは結局自分で選んでいて
今見えている状況や誰とどんな時間を過ごしているのかも
自分の選択が導いている。

結局は自分次第で自分が見えている状況を他人のフィルタを通してみると
色も景色も全く違うかもしれないからね。

誰に何を言われようと自分の基準で自分の責任で自分で選択することは
実はすごく幸せなこと。
幸せは比較ではなく絶対値。

2016-07-07

空想 旅に出る その2

まずは何日必要か試算する。
京都は1泊もあれば十分だ
東京、4泊 特に根拠はない
サンフランシスコ 時差16時間
ニューヨーク、サンフランシスコとの時差3時間 日本とは13時間
サンフランシスコは身体をアジャストする時間を
考える5日いて、ニューヨークに飛ぼう。
ニューヨーク、季節は夏の終わり日によっては秋を感じ日によっては夏を感じる。
毎日10時間くらい歩いて歩いて疲れたら
フルーツジュース飲んで休憩して
写真撮って本読んで知らないもの食べるのだ。



空想してる場合じゃないくらい
あっという間に時間が過ぎて
パレスチナの準備をしないとなー。
テルアビブのみんなからもベツレヘムのみんなからも
いつ来るのか?と連絡がきている。

2016-07-03

中東愛好家たちの集い

東京からサラーム海上さんがいらして
スパイスロードの高田さんや
九大の先生やら
インド、パキスタン、そして中東を、美味しいをお料理を愛する人たちの集い。


 

#パレスチナといえばわたし
サラームさんとイスラエルパレスチナについて話す。
民間レベルだと相互協力がある事実。
友達同士だったりする事実。
色々問題はあるけど、パレスチナもイスラエルも大好きなわたし。
そして、フムスやファラフェルはパレスチナ人も
イスラエル人も好物だということ。