2018-01-05

Kちゃんがモロッコへ旅立つ

この1年一番仲良くしてもらっていたKちゃんが
モロッコへ引越しした。(もちろん仕事、もちろんビザ出ます!)

これまでの時系列もすごい。
11月終わりころ・・
わたし:モロッコで会社やってる社長が人探してるらしいよ。
Kちゃん:なにそれ?面白そう。
わたし:面接受ける?
Kちゃん:いいね、受ける。ちょっと旅行で韓国行って4日に戻るからそのあととか?
わたし:じゃあ5日にセッティングしよ。

12月5日
kちゃんの様子→帰国直後でかなりお疲れ
わたし→ここは延期しても仕方ないし強硬だけど面接しよ

社長と引き合わせ

12月5日帰宅
彼氏に相談する。モロッコ行こうよ!

2時間後
Kちゃん:モロッコ行きます!
社長:ありがとう!
Kちゃん:でも英語がですね・・・・
社長:じゃあ、特訓しよう。特別レッスンするから

そんな感じであっという間に決まり、英語の特別レッスンを受けながら
自宅でも彼氏と英語で会話しながら、おしゃべりが大好きな彼女が黙るという現象などありつつ。

そして彼氏は一緒に行く!と決めたけど仕事は?やめる方向で?
彼女は社長と同行してモロッコに向かったのだけど彼は約一ヶ月遅れで旅立ちます。
飛行機もヨーロッパで降りてバスでモロッコまで行ったら?とオススメするわたし。
どんな珍道中が待ち受けているのか?英語ができないといってもモロッコはアラビア語のモロッコ方言だし、フランス語だし、社内が英語ってだけで
どんな生活が待ち受けているのか。

英語はまだまだだけど、海外で働いてみたい!という人は多いはず。そんな人たちにとって参考になること間違い無しと確信している。

Kちゃんがモロッコの会社に面接を合格した一番の理由
・それはコミュニケーション能力
英語の能力よりも重要だとわたしも思っている。いくら英語が話せてもみんなの輪に入れたり仲良くなれなかったら仕事はおろか体を壊すほどのストレスになる。
これは言語の問題ではなく日本の企業で働いていても同じことが言える。
もちろん、英語はできた方がいいけれど。
・そして何より前向きさと目の前のチャンスに躊躇しない勇気。

出来ない理由を探すよりもできるところに目を向けてチャンスに飛びついていこうと
わたしも改めて思った。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿