2018-02-26

金曜日はイエメンのお話会に行きました。

4月1日にイエメン取材の講演を久保田さんが福岡でします。

その影響もあってか、イエメンの文字を目にして参加してきた。
コスモポリタンズセミナー「今日から貴方も国際人」という毎週金曜日に
行われているイベント。
今回はイエメンからの留学生リハさんのお話。
イエメンがどんな国でどんな美しい場所があってどんな人々でというポジティブな面と
忘れてはならない今内戦中であるというネガティブな面。

イエメンは離島を含んでいるなんてこの日まで知らなかった。
この島は本当に不思議なものが多くエイリアンの島と呼ばれている。
植物も不思議な形をしている。

首都サアナの旧市街はアラブのスーク、スパイスマーケット。
岩壁に建つ建築物も興味深い。

アラブの春、それはイエメンから始まった。わたしたちの記憶のメインはきっとエジプトだと思う。このころはまだデモがあるだけだったが今は政府、反政府の戦争。そこにサウジやイランが絡んでくる。

昔はソマリアやジプチから難民がやってきたが今はイエメンからジプチに・・・

彼女は日本政府の奨学金を得て九州大学に留学中だ。
各国イエメンからの留学生を受け入れてることになっていたが内戦が激しくなり大使館は撤退、どの国も受け入れを辞退した中、 日本政府のしたことは
大使館は撤退しているが、学生をヨルダンに呼び寄せる。
ヨルダンまで来てもらえたらそこでビザの発給からと連絡があったそうだ。
日本国民でよかったと涙が出そうになった。

パレスチナ、ガザからの学生たちもそうだが中々報道はされない日本政府の尽力は
現地の人々に力を与えている。


報道されないイエメンの今
日時:4月1日 13時半オープン 14時開始
場所:あいれふ福岡8階視聴覚室A
福岡市中央区舞鶴2-5-1
講演:フォトジャーナリスト 久保田弘信さん


ちなみに、コーヒーのモカはイエメンが発祥の地。イエメンのモカポートから世界へ
広まりました。


 

0 件のコメント:

コメントを投稿