2018-03-19

ベツレヘム Deheishe Camp再訪

たまたま知り合った若い日本人の女の子が
ベツレヘムの難民キャンプを見学したとのことだったので
お連れしました。

お連れすると言っても69年もある難民キャンプなので
もはや村。
エルサレムからベツレヘムのバスの中でこの国の歴史や
このキャンプのできた経緯、エリアABCの件など
できる限り説明し
あとは歩いて見て感じることは彼女次第。

歩ける距離で物価が全く違ったり
クリニックの建物に日本の日の丸があったり
今回は中にも入れてもらい日本のステッカーや日本支援のもの
他国の支援のもの。
自国のものを見ると胸熱!税金払っててよかったと思うし
こういった国の行為によってこの国や他の国でも日本のパスポートで
ビザなしで旅行できて、日本人というだけで歓迎されることがあるので
現地で尽力されている方には本当に感謝です!
このクリニックは第二次インティファーダの頃にでき、このキャンプの前を走る
ヘブロンロードでの衝突で怪我した人たちが運ばれ緊急手術し
助かった命も多数あるそうです。


その後、生誕教会に行くと工事がだいぶ進んでいた。
そしてイースターが近いのですごい人。

最後はマジックアワーの素敵な時間でした。


0 件のコメント:

コメントを投稿