2019-06-23

三島由紀夫を振り返る。

振り返ると言っても、自分史上の三島由紀夫を振り返る。
だから、三島由紀夫の幼少期がどうとか、初期の作品と中期の作品、晩年は・・・とかではない。

というのも、平野啓一郎さんが三島由紀夫論を語っている。NHKで
それに触発されたというと大袈裟だが、少しある。
わたしの価値観の根底には三島作品が鎮座しているからだ。

わたしが最初に読んだ作品は『金閣寺』 ではない。
実は『宴の後』だった。そう、プライバシー裁判になったあれだ。
その次に読んだのは『太陽と鉄 』
と三島由紀夫の世界にはまっていくのだった。
ここまで読んで寝ようと思っても終われない。中毒性すら感じさせる
引き込ませる力がある文章。

わたしの価値観の根底に一番影響を与えた作品は
女神


この本がなかったら今のわたしはない。
読んだのは中学生の頃と思われる。

今日は原点回帰、『宴の後』を読んだ。



公式サイト https://yahabibi.jp/
パレスチナのアラックは https://yahabibi.thebase.in/
YouTubeチャンネル http://ur2.link/PuP4

0 件のコメント:

コメントを投稿