2019-01-22

アップサイクルって知ってますか?

この数年アップサイクルにまつわること、アップサイクルという考えを広めたいと思って
進めてきた案件がやっと一歩前に進みます。

何度かアップサイクルのお話とかワークショップもさせてもらっていましたけど
アップサイクル商品を集めたオンラインのショッピングモールをオープンします!

2月2日、3日はチャンダンカフェで登録会をしますよ。
もちろん、登録会じゃなくて登録できます!

オープン予定は2月11日です。
事前登録も可能です。



経済と環境保全を比例させたい。

2019-01-21

あれから1年・・・内山さんを思う会

もう1年なのか。
まだ実感がない気もするし、悲しくなるから思い出さないようにしているのか
それでも思い出してしまって涙したり。

内山さんが亡くなって1年が経ち
年末年始、内山さんのゆかりの方とばったり遭遇する機会があって
お墓参りとその後の飲み会に参加させてもらった。

1年半近くぶりに会ったこっちゃんは背も大きくなっていた。
覚えてる?って聞いたら
うん。ラジオの前に一緒にごはん食べたりしたもん。
って。覚えてくれていた。

内山さん周りの人たちはほとんどが初対面の方ばかりだったけど
色んな内山さんが知れてよかった。
少しずつ心の整理ができたらいいな。

後悔しないことはないけど、それらが思い出になったらいいな。


2019-01-19

書きたいと思ったらメモでも残しておこう

この前すごい面白いアイデアが浮かんだ。
もう忘れてだからもっとメモ魔になろうと思った。

2019-01-15

自由と抑圧

今日の夕方、友人とお茶した。
わたしたちはイスラム教の女性、ムスリマのお友達が多い。
人が何を信仰しようとはっきり言ってどうでもいい。
それは無関心というよりわたしなりの尊重という意味で。

サウジからカナダに行ったそして難民となった18歳の女の子のニュース!
彼女は“I want to do crazy things I’ve never done before,”と言った。

そう、彼女の立場から見た世界は不自由で抑圧だった。

わたしたちの友人は望んでイスラム教になりイスラム教の女性はヒジャブをしたり
家族以外の男性の前では外さない、肌は露出しない、など
それらは守られている証拠だと言う。
自らの意思でしている、自由な証拠。

どちらも真実、とちらも本当の気持ち。

それでいいじゃん。

わたしはたまにファッションでヒジャブをする。

参考ニュース!
The New York Times

2019-01-13

20190223 キャッチパレスチナ@BASE宝塚

20190223 キャッチパレスチナ@BASE宝塚:
兵庫県宝塚市で開催するイベント、キャッチパレスチナのご案内

View this post on Instagram

#شيشبرك #زاكي #パレスチナ料理研究家

azusa.suga/ازوساさん(@azur.sugar)がシェアした投稿 -



パレスチナの写真や動画、そして音楽と香り高いスパイスの効いた食事でパレスチナを体感しましょう!

日時:2019年2月23日13時〜
場所:BASE宝塚
参加費:3500円(未就学児無料)ぜひ子連れでどうぞ!
お問い合わせ、申し込みはmailもしくはfacebook 各種DMよりどうぞ。
azur.suga(a)gmail.com

メニュー:スープ、マクルーバ(パレスチナの炊き込み御飯)、シューシュバラック(パレスチナの水餃子)、サラダアラビーヤ、ザータルを使った1品






レディ・プレイヤー1

年末に観た映画その2

レディ・プレイヤー1



知らなかった、監督はスティーブン・スピルバーグだった!
にしては駄作だけど泣ける。

疲れた時に観るといいかも。
でもこういう世界来るかもしれない。いや、このままだったらあり得るよ。

一緒に観てた人は隣で眠っていた。。。

SFだけど、どこかハートウォーミングで長い休みにはいい1本かもしれません。

John Wick 2

年末に観た映画。
といっても映画館じゃなく・・・・
オンデマンドです。

John Wick 2




もう人が死にまくり。
人殺したら終わりがないってこの映画からも感じた。

ちょっと前にレオン観たから若干かぶった気持ちの上でだけですが。。。




レオンはいいけど、時代がよかった気もするが。
 

2019-01-11

「ヒューマン・フロー 大地漂流」オリジナル予告編



見逃せないし、多くの人に観て欲しい映画です。
難民問題は人類の問題!そうなんです。
でも何人がそう感じている?
難民となってしまった人たちとわたしたちに違いはない。
http://www.humanflow-movie.jp/


Welcome to FUK

台南に引っ越ししたみっちゃん(京都出身)が仕事で福岡に
来ているのでごはんに行ってきた。
本当はイビサルテに行こうと思ったのだけど
クローズだったので
バル難破船に。
どちらも大好きなスペイン料理のお店。

 烏賊墨のパエリヤは最高だった。
アヒージョもね。

みっちゃんとは会えば毎回おしゃべりが止まらない。

2019-01-10

シオニズムを肯定しますか?

入植地で作られるワイン、美味しいですか?
品質的には美味しいと思います。
しかし、考えてみてください。入植地ってことはそこに誰かが(パレスチナ人が・・)住んでて家を追われ難民となって今もなお虐げられていることを。

そこで作られたワイン美味しく飲めるのでしょうか?
わたしはノーです。

イスラエルワインの多くは入植地産です。
いい場所に入植地はあります。キブツだったそうです。

奪われた当事者はまだご存命の方も多くいます。
そしてその子供、孫たち、故郷に帰れずに難民でいます。
わたしの友人もその一人です。一人だけじゃないけど。

そう思ったら入植地のワインを売る店舗、買う人、輸入している人たち
今一度考えて欲しいです。
そのワインがどこでどうやってどんな気持ちで作られているのか。

ZOZOの前澤社長のこと。

ZOZO社長のお年玉100万円あげる!が話題になったけど
実は、わたしもリツイートしましたよ。
当たらなかったけど。
100万円はガザに医薬品を持っていきたい!って。






前も空想だけど、数億円とか当たったらどうする?みたいな会話をした時に
ガザに必要なものを持っていくし、学校も作る!と話していた。
それくらいガザに思い入れがある。

ZOZO社長のお金の使い方とかフォロワーを買ったとか色々言われているけど
この人の才能というかわかんないけど、この人が稼いだお金だからどんな使い方してもいいじゃない!って思うんですけどねー。どうでしょうねー。
お金って中央銀行がどんどん刷ってるわけじゃないから取り合いだと思うんですよね。
絶対数が決まっててそれを移動しただけの話でしょ。そんなことにぎゃーぎゃー言わんでいいやん。

いい感じに分配されたらいいなー。

2019-01-06

難民問題について考える

とあるアーティストのトークイベントに行ってきた。
この方は北部のヨーロッパのとある国に住んでいる日本人。
パートナーがパスポートホルダーなので 移住して現在語学学校にも通っているとのこと。

この方の発言の内容はこうだった。
語学学校には15カ国くらいの人がいて、その多くの人が難民。
彼らは無料で語学学校に通い国からお金も貰っている。
そのお金は元々住んでいる人の税金から捻出されていて、そのせいで福祉の質が下がる。
それに対して快くは思っていない。
政治は混乱している。
この国は文化水準が高い国だから学校帰りに美術館に立ち寄るがここには難民はいなくて白人ばかり。

すべて事実だろう。

このトーク現場にいたわたし・・・違和感。
語学学校に難民がいる、ここまではよかった。
彼らがただで通って通うだけでお金がもらえるって・・・この言い方は悪意はないかもしれないけど、なんとなく嫌な感じを聴者に与えるような気がした。
しかし思い出して欲しい、アフリカや中東から来ている難民がなぜ祖国を離れたのかを。
紛争からくる貧困、命からがら避難してきたこと、わたしの友人に至ってはシリアから歩いてヨーロッパに行った、歩いて!

わたしは挙手して意見を言えなかった。なぜなら、わたしは難民を受け入れていないからだ。回り回って支援しているかもしれない、ODAとか、国として支援してる事業があるから。
難民条約に批准している日本国が難民を受け入れている数20人(平成29年)
これでもだいぶ増えたけど。
そう、難民を実際に受け入れてそれを実感し経験していないからわたしは何も言えない
同じ土俵えはないと思った。

美術館には難民が来なくて白人ばかり、というのも違和感だった。肌の色がどうだから文化的とかそうじゃないとか。
わたしの友人で難民で素晴らしいアーティストはいるし、白人でそうじゃない人もいるし
それは個々の価値観だし、
ガザ地区のアーティストは苦しい状況だからこそ、素晴らしい作品を残している。(この理由もいやだけど)

余裕がないと文化を楽しめないことも事実だと思う。

ここまで膨らんだ難民問題は受け入れ国一国で解決できる話ではない。
ということに尽きる。

 

2019-01-03

明けましておめでとうございます

新年どころか年末から仕事ずっとしていますが
それはもう2019年飛躍するためというか
やっと形になってきました。
ここ数年温めてきたアップサイクルに関すること。

今年はアップサイクルに限定したマーケットプレイスがオープンできそうです。
というかします!

そしてアップサイクルにまつわるワークショップや講座など目白押しです。

ライフワークのパレスチナ関連も。
今年は中学校でパレスチナ料理の調理実習、
関西でのキャッチパレスチナ(2月)
写真展(3月)
パレスチナマラソン(3月)
広島でのキャッチパレスチナ(未定だけどする!)
本の出版(未定だけどする!)


今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


yahabibi.jp
upcyclejapan.org