2018-02-26

ロックの聖地は九大六本木キャンパスだった!

土曜日は六本松蔦屋書店にシーナアンドロケッツの
鮎川さんがトークライブということで行ってきた。

実は小学校1年だか2年だか、もしかしたら幼稚園児だったかもしれないけど
とにかく小学3年生より下の学年だったのは間違いない。
天神西通りに当時あったミスタードーナツの前で鮎川さんとシーナさんを目撃した。
子供ながらにすごいオーラの大人を見て
あの人たち誰?
シーナアンドロケッツってミュージシャンよ。
と会話したのはいまだに覚えている。

この日はいつも混雑している六本松蔦屋書店で一番の人混みとのこと。
シナロケ結成40周年の今年、NHKでもドラマが放送されるそう。
You May Dream

鮎川さんはロックが好きでロックはdigやろう!って掘り下げて掘り下げて
学んで知らないことを知ってそれでも知らないことが多いことを知って
今でいうとロックオタクになり
ロックをするなら博多に行かないと!(当時久留米在住)と九州大学を目指して1浪し
九大に入る。入学式も早々に中洲のライブハウスへ。
九大の学生会館でライブをしたこともあってそれが今六本松蔦屋書店になっている。
純粋な好きという気持ちを探求し追求しやり続けているその姿は
ロックのファンの域を超えてかっこいい!




わたしは旅が好きでパレスチナが好きで
でもまだまだ知らないことがたくさんあって本を読んでも追いつかなくて
行っても行っても知らないことの方がどんどん増えて
そんな日々で落ち込むこともあるのだけど
好きの純度をあげて突っ走るをますます続けていきたくなった。



 

0 件のコメント:

コメントを投稿